Erotic Eyes〜なっち only but also〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | posted by スポンサードリンク
はるか彼方 02:20
果てしなく遠い旅路。

館山から帰ってきてそろそろ1週間。
下がりっぱなしだったテンションも今度の日曜に行く娘。コン@武道館への期待で少し回復した。

まともなソロコンを観るのは謹慎前のあなた色プレミアム以来。
もちろんふれあいは脳内消去。
むらたさんごきや、後浦なつみコン、ハロコンとまぁここまで長かった。
館山までも長かった。
届かない声を上げるのもそろそろつらくなってくる。


ネタバレ!
いつものテンパった姿よりも、観客ひとりひとりに対しての感謝、歌える喜びを口にする姿が印象的だった。初日という緊張と、MCをとちらないようにする気構えもあってそう感じさせたかもしれない。たしかにそれはとても大事なことでそれはそれで良いんだけど、あのテンパった姿があまり見れずなんか寂しかったりもして。

大まかな構成としてはシングル曲に娘。曲+カラオケ。
今回のセットリストで娘。の曲が多く感じられたのはなっちメインの娘。曲でなくなったせいだろうか。前回までに歌っていてソロ曲のように溶け込んでいた「男友達」なんかは今回娘。コンで歌っているからかなくなったし、その代わりにミスムンが加わったけど、代わりというにはえらいスケールダウンしていて、今回の娘。コンでフルサイズ見ているだけによけいにひどかった。

娘。時代の曲は
「たとえば」
「愛車ローンで」
「なんにも言わずにI LOVE YOU」
「いいことある記念の瞬間」
どれも好きな歌だしテンションもあがった。
娘。時代の歌も聴いてみたい歌はあるし、今後も娘。時代の歌も歌い続けてほしいと思う。しかし、ソロの曲を「いつかは」なんてじっと待っているのはつらい。

一番理解不能だったのはMCで歌に対しての決意表明をした上で歌った「さくら満開」。なっちが歌う意味がさっぱりわからない。当然予想外。いくらなっちでもカラオケじゃなんも感じない。あれ?トウモロコシは?恋にジェラシーは?と不快感たっぷりのままに「22歳」。そして「最後にみんなが笑顔になれる歌」となっちが紹介した曲は「あなた色」。いや本当にさっぱりだ。

ついでに「シツレンジャー」もあの3人がそろっていなければただのダイチ。

こんな構成になるのはやっぱりなっちの持ち歌(ソロ)に良曲がほとんどない事にも原因があるのかもしれない。

アルバムはシングルに娘。曲のカバーにちょっとソロ曲が追加された程度。でソロ曲9割はダイチ。こんな状態でもプレミアムみたいなすごいライブができたんだからと思うのはやっぱり贅沢なんだろうか。まぁ結論としてはなんでセカンドアルバム出してないのにソロコン再開してんのさって話なんだけど。

それにしても半数もの曲でカントリーを観る事になるとは思わなかった。ソロコン見に来たんだから、ちょっとは自重してほしいものだ。たしかにカントリーの行き場がないのも事実。終盤のMCでカントリーが、みうな、里田ときて、最後のあさみが「楽しかった」程度しか言えてなかった。本当に楽しかったということで、もうそれしか言いたくないっていうものだったらいいのだけれど、みうなのコメント、里田のコメントを受け、あきらかにしゃべることがなくなったっていう雰囲気が感じ取れた。場数のせいなのか、キャリアで言えば相当なもののはずなのに…なんて考えたらなんか本当にかわいそうになってきた。ひどいかもしれないけど正直かわいそうとかそういう感情しかでてこなかった。邪魔というにはあまりにかわいそう。そろそろカントリーにも小さい会場でもいいからソロコンをかなえてやってほしい。

桐生と新潟のチケを確保しているが、この構成で遠征はちょっとつらい。プレミアムレベルであったなら間違いなく余裕で遠征するんだけど。

あぁプレミアムみてぇ〜。
| 安倍なつみ | posted by しころん
スポンサーサイト 02:20
| - | posted by スポンサードリンク
<< NEW | TOP | OLD>>