Erotic Eyes〜なっち only but also〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | posted by スポンサードリンク
ひさごま 20:02
JUGEMは毎月1日にカレンダーの表示が変わり、その影響でアンテナがあがってしまうの忘れてました。

週末はごまコン@熊谷とベリコン@厚生年金に行ってきました。どちらも昼であったけど、両方とも一桁席(相方力と自力)という持つべきものは友だな席だったおかげで色々楽しめた公演でした。

とりあえず今日はごまコンの感想だけにとどめます。

ごまコンは約2年ぶり。なちコンを優先して大評判の真希の調べを観にいかなかったので、本当に久々。まぁ久々というのは良くも悪くもあるわけで、今回はその久々な事もあって巡回先のはたちコンレポ、感想を一切回避してきて臨んだんですが、やっぱりごまコンは楽しい。

ただ…(ネタバレ)
真希の調べの好評(DVDも観ていませんが)から、期待が募りすぎ自らハードルを高目設定にしたせいで予想以上とまではいかなかったです。ここで気をつけたいのが予想範囲内というと大した事はなさそうだけど、あくまでごまコンがライブとしての完成度は非常に高いという前置きがあってです。セットリストの“並び”も悪くなかったし、ステージ演出面では今のハロプロで随一ではないかと思った。「並びは」という引っかかりはセットリストの中身である後藤の持ち歌になります。

バラードを多くとり入れた構成は好きなほうだったし、流れが悪いとかはあまり感じなかったけど、正直セットリストというか後藤の持ち歌で好きな歌が多くないので、常にのめり込むような状態にはなれなかった。後藤の歌唱力、切れのあるダンスはどれも見応え、聴き応えがあったけど、打ち込みが多い後藤のお得意様がダイチ先生なだけにテンションがぶつ切りになってしまうのがもったいない。後藤の持ち歌で楽しみな曲でぱっと思い浮かぶのが「特等席」(晴れた日のマリーンとタイトル間違えて覚えていた)とか「Blue Island」。結局はそのどちらも聴けず、それだけが理由というわけではないけど、後藤のパフォーマンスはすばらしいのに、曲に対して乗っかる事ができないという事になり、このごまコンでの感想を難しくしている。

ダイチバッシングを嫌う人も一人位はいると思うけど、スピーカーの前に立てばわかる。ギターリストとは思えないダイチリフとシャリシャリいわせるダイチハイハットが鼓膜を襲ってくるのだ。あれはマジでひどすぎる。なんとかしてほしい。松浦の夏男もこれの類でアウト。

後藤はこれだけでかなりのハンディキャップを背負っていると思う。

そこでポイントなのが、演出面。これはもういうことがないくらいに良かった。会場に対してオーバーサイズなミラーボールのライトアップは、これからはじまるライブへの期待感を煽られたし、特効、観音開きの照明兼扉、ハロコンではあまり見られないスモークなどなど視覚的に楽しめるところは多かった。ただ、スモークは階段から客席に向けての噴出が強く、みんな後藤が見えなくなったのと臭いで必死に仰いでいた。通常は横の噴出を強くしてなんとかするもんだと思うんだけど、あれはちょっとやられた。

席は4列目左端で、ワタシの視界はステージ真ん中から右半分のみだったので、左端にいる後藤と突如登場した(と思われる)熊谷在住のアメザリは目視できず。会場が狭いせいで、2階席からも見やすかったと思うけど、スピーカーの位置がステージに食い込んでいた状態だったで、どの席からも観やすいという感じではなかったように思う。スピーカー前のモノラル音声だったせいか、序盤口パクに感じられた。後半では全く気にならなかったので、本当に口パクだったのか?と今になって思ったりもして、近けりゃいいってもんじゃないなってところもあったり。

何より席が近いと全体の雰囲気が感じられないという点は自分の中でかなりマイナスポイントなんだけど、さすがに一桁はそんなバチあたりなことはいえない。その恩恵として今まで相方からミニにタコができるくらい聞かされていた「ごまもも」のすごさがやっとわかった。筋肉質でもガリガリでもなく、完璧なフォルムが目の前で動いているのだから、もうただ「すげぇ!」というほかない。すごすぎて笑った。「ごまもも」だけにとどまらず、一見ただやせているだけに見える「ごまあーむ」の三角筋がラビット関根も喜びそうな微妙さ加減だったのは新しい発見だった。

最後に「スクランブル」を持ってきてきっちり締めたライブ構成の充実さに満足しつつも、そのセットリストに納得できないでいる自分がいて退場後は複雑な気分だった。

冒頭で書いた一言感想とずれているかもしれないけど、楽しかったのは本当の事実。ただ…がぬぐえなかっただけ。

夜チケも確保していたんですが、昼とはダンチの席だったので感動が薄れる怖さがあったと、約1時間半もかけて到着した予想外の疲労と、朝五時起きで飯も食わず昼公演を観た空腹のせいで、夜コンは干しました。

連戦はもう本当に体力的に無理っぽいのでこれから控えようと思いますが、すでに娘。コン@横須賀とごまコン@川口の連戦が決定しているのを思い出し、どうやったら疲れないか考え中。
なんかすごい回復力のあるツボとか魔法とかあったら教えてください。
| 後藤真希 | posted by しころん
スポンサーサイト 20:02
| - | posted by スポンサードリンク
<< NEW | TOP | OLD>>