Erotic Eyes〜なっち only but also〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | posted by スポンサードリンク
メロン復活!? 01:19
頭を丸めた那須に憤慨のしころんです、こんばんは。
ガッタス優勝だってね。びっくりしたよ。とりあえずおめでとう。
でもエッグが大活躍とかでガチンコして、そもそもこれって何がしたかったんだっけ?
優勝したからといって、これできれいに終わるのは無理なんだろうなぁ。
でも、ちょっと藤本はみたかった気もする(笑)

つーことで、行ってきましたZeppTokyo。
う〜ん、率直な感想としてはなんていったら良いのかよくわかりません。あ、ボーナスよりは良かったですよ、たぶん。でもね…ってことで続きをどうぞ。
まず、毎度の事ながらスタンディングにもかかわらず、周りの迷惑っぷりに気付かずバカな事やっている輩にはあきれる。よくまぁあそこまでスタンディングを台無しにしてくれるよ。あと、ステージを見ずに回るやつ、お前の顔は見たくない。
拳で十分だ。歌うだけで十分だ。それだけでライブはおもしろい。
と、まぁ私のまわりにいたバカな輩に対してはこの辺で。

会場入りしたのは18時半過ぎ。整理番号1000番台にもかかわらず、センターの柵を背にできる位置を確保。視界は良好だったけど、一言で言うと煮え切らないライブでした。
良かったのは冒頭5曲とアンコールのみ。
間のセットリストは無茶苦茶。1曲1曲でいけば良いのはもっとあるけど、やっぱりライブは流れが重要でしょ。「チャンス of LOVE」や「摩天楼」なんてクソ曲をソロでつぶしてくれるなんて評価できる点もありました(やらないに限るけど…)が、「ガールズパワー」までソロでつぶしたのはイタい。これを観るとやっぱりソロは必要ないと思った。
流れが無茶苦茶と感じた理由は「かわいい彼」のあと、普通に「ENDLESS YOUTH」を挟んだ事。別にMCをはさむわけでもなく、ただ盛り上がる曲を連発して、休み用の曲として使われている印象。これがライブとして成り立っているのか疑問が残りました。そんな曲じゃないでしょ、これは。
そして、なぜかわからないけど、「愛の園」と「FIRST KISS」を歌わしたこと。そんな曲歌う前に歌う歌があるだろ。
制作側の意図が全く見えず、あぁメロンもかわいそうだなと思っていたら、一番いただけない発言を柴田がポロリ。
アンコールの時、あろうことかバカナヒトたちを「個性ある声援」として称えやがった。信じられなかったね。もちろんファンに対しての思いを伝えたいのはよくわかるけど、これはライブをやるものとして言うべきではなかったでしょ。これでいったいどれだけのバカが勘違いすると思っているのか。観る側に個性は必要ないでしょ。っていうか他人に迷惑かける声援をしてほしいのかっていうのさ。これで一気にテンション下がったね。本人がどういうものを指して、あるいは意図として言ったかはわかりませんが、この発言が最悪のライブを生まない事を祈るばかりです。
こうして振り返ると不満ばかりがでてくるし、よく考えるとボーナスと酷さは変わらない気もしてくる。会場にいる時はそうでもなかったんだけどね。というのは始めと終わりが締まっていたから。これがボーナスの時と違うところだった。特にアンコールの「恋人になろう」「盛り上げて行こか」ではメロンの真骨頂といわんばかりに盛り上がりましたから。メロン記念日(あくまでグループとして)のパフォーマンスは素晴らしかった。だからやっぱり途中のアレがなければねぇ。毎回こんなような事言っているなぁ。聴きたい曲が1曲でもあれば会場に足を運ぶのが信条ですし、まぁボーナスからの回復振りがうかがえたので、次回ツアーがあればまた行きたいと思います。
| メロン記念日 | posted by しころん
スポンサーサイト 01:19
| - | posted by スポンサードリンク
<< NEW | TOP | OLD>>